学科・コース

美容昼間課程専門科

目指す職業

b_syokugyo

専門的に学べる【3つの専攻コース】すべて美容師国家資格取得可能



ネイルコース

近年、普及の目覚しい「ジェルネイル」。
JNAジェルネイル技能検定初級レベルの知識と技術を習得します。

コース内容
ネイルケア、ポリッシュカラーリング、ジェルカラーリング、ジェルアート 他

img_c07 img_c08 img_c09


ヘアスタイリストコース

より高度なカット技術、セット、スタイリング技術の習得に特化し学外コンテスト、フォトコンテスト入賞を目指します。
県外サロンの美容師が外部講師として、定期的にヘアデザイン、撮影のレクチャーにあたります。

コース内容
カット技術、カラー技術、パーマ技術、学外コンテスト出品作品制作、撮影技術

img_c01 img_c02 img_c03


アイデザイナーコース

ここ数年で飛躍的に人気が高まっているまつげエクステンションは、目元を魅力的に演出するメイクアップツールです。
基本的な施術の手順と知識を習得します。

コース内容
まつげエクステンション、衛生の取扱い、まつげの知識、商材の知識、カウンセリング、基本技術、メイクアップ、イメージメイク 他

img_c04 img_c05 img_c06


1年次~2年次 基礎コース(3つの専攻コース共通)

美容師に必要な、基礎的なスキルを徹底的に学び、習得します。
また、美容師国家試験に向けた実習、座学を重点的に行います。

取得可能資格

  • 美容師免許 icon_s-kokka
  • JBCAビューティ・コーディネーター検定3級
  • JNAジェルネイル技能検定試験 初級(ネイルコース)

カリキュラム(一部抜粋)

img_cur01 img_cur02 img_cur03
ヘアカット
(ベーシック/デザイン)
サイドシャンプー バックシャンプー

美容師に必要不可欠な基本のカットスタイルと、流行に合わせたカットテクニックを指導します。各学生が企画したデザインカットでコンテスト入賞を目指します。

椅子がフルフラットになるタイプで、多くの美容室で採用されています。
一般的なサロンに対応できるシャンプー技術を学びます。

近年増えている、技術者が後ろに立ち施術するタイプのシャンプー台です。シャンプーはもちろん、マッサージ技術も重点的に学びます。

img_cur04 img_cur05 img_cur06
ヘアカラー メイク ビューティコーディネート

染毛のメカニズムを理解して、基本的な染毛技術から、ヘアブリーチ、酸性カラー、ホイルワーク技術を学びます。

主にベーシックメイクを学びます。
サロンにおいて活躍の場を広げ、現場での即戦力を目指します。

サロン業務に特化した検定で、一般常識・接客マナー・美容知識・美容カウンセリングなどを総合的に学びます。


img_cur10 img_cur11 img_cur12

国家試験課題(実技) ワインディング
頭の丸みや形を理解しながら、20分間に50本以上のロッドを巻いて完成させるトレーニングを行います。テクニックはもちろん、スピード力も身に付けます。

オールウェーブセッティング
手とコーム、ピンを使い、フィンガー・ウェーブやピン・カールなど25分間で7段のウェーブ構成を完成させるトレーニングを行います。

カッティング
シザーズを使用し、20分間で10項目の条件を満たした、レイヤースタイルを完成させる正確なカット技術を身に付けます。


上記以外の美容実習内容

ファッション、セットアップ、メイク、ウィッグデザイン、ネイル、実務実習、
外部講師授業、コンテスト実習、情報技術(パソコン)、教養

学科

関係法規、衛生管理、物理/化学、保健(人体/皮膚)、文化論、運営管理、美容理論


シミュレーション(収入一例)

※提携サロンにより勤務日、勤務時間、時給などは異なる場合がございます。
正確な収入は、サロン決定時に決まります。下記の収入は一例となります。

■授業実施月(4~7月、9~2月)

時給 762円~
サロンワーク時間 1週間/7時間~14時間
1ヶ月の収入 約25,000円~50,000円

■長期休暇月(8月、3月)

時給 762円~
サロンワーク時間 1週間/21時間~35時間
1ヶ月の収入 約65,000円~105,000円

※提携サロンにより勤務日、勤務時間、時給などは異なる場合がございます。
正確な収入は、サロン決定時に決まります。上記の収入は一例となります。

■奨学金制度

自己資金が足りない場合、必要な金額を「日本学生支援機構」「宮崎県育英資金」から奨学金の貸与を受けることが出来ます。(詳しくは入学案内/学費支援制度のページをご覧ください。)

※サロンワークを続けられなくなった場合は、奨学金の貸与を受けることで、学費を支払うことができます。